思い出の小さなサーターアンダギー

おそらく小さいサーターアンダギーは僕が最初に開発したものだと思う。

約14年前、僕は沖縄の植物楽園にバイトとして働いていた。その時は大きなサータアンダギーしかなかった。

サータアンダギーの担当になって、数ヶ月過ぎた時、レストランのコックに「今のサータアンダギーの作り方は昔と違うんだよな」って話をされて、僕は昔のサーターアンダギーの作り方にこだわり、その作り方を教えてもらった。

サーターアンダギー作るのが当時は好きでした。

売り上げを上げないといけなくなり、いろいろ試行錯誤した結果、小さなサータアンダギーをつくる事にしました。

当時は大きなサータアンダギーを包丁で細かくきって試食させてたのですが、小さい方が食べやすくカリカリしておいしかったんです。

それをやることになってサータアンダギーの売り上げは上がりました。

この小さなサータアンダギーを見るたびに、僕の小さなアイディアがいろんな人に広まったんだなって嬉しくなります(^^)

もちろん当時はアルバイトでしたので、アイディアが広まったからって僕には1円も入ってきません。

あの時、バイトや仕事をやっても、一年もたないダラシがない人間だったなーって思います(^^)


催眠術の学校 ヒプノハート
https://sirosaki777.jimdo.com

おすすめ記事

sirosaki777.jimdo.com Blog Feed

あなたが選んだ数字は?
>> 続きを読む

12/12 変人集合オフ会
>> 続きを読む

【人生うまくいかない!?そう言う方に見てほしい】
>> 続きを読む

【自虐的に生きてきた俺が学んだこと】
>> 続きを読む

美女と写真を取る方法
>> 続きを読む

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。