トラブル処理は専門家に任せないと大事になる!?

あなたは人間的なトラブルがあったり、
仕事的なトラブルがあったり、
恋愛的にトラブルがあったり
するかもしれませんか?

それを自分でやろうとして
空回りして事が大きくなったり、
すごい時間をとられてしまったり
することがあると思います。

今回のテーマは

「トラブル処理は専門家に任せよう」

と言うテーマで書いていきます。

今回の話を読むことで
あなたはこれまでに使っていた無駄な
エネルギーを使うことがなくなります。

ぜひ最後まで読んでください。
今回は事例を出していきます。


私が過去に体験したことですが、
私は路上で大道芸をします。

催眠術師なのになぜ大道芸をしてるかと言うと、
路上であの人が集まった状態は集団催眠だと
考えているからです

やってる内容はマジックやジャグリングを
やるのですが、人の集め方や声の強弱、
身振り手振りは催眠を意識して行っています。

多いとき150人ぐらい人が集まったりします。
私の場合、人間心理を知るために
大道芸行っています。

人の意識の向け方や、顔の表情、
声のトーンでどう人が動くのか?
それを知りたくてやっています。

他にも一期一会が好きでやっています。

そういうことをやってると
たまにトラブルも起きます。

外国人しつこく絡んできた

大阪難波の夜11時ごろ、前から友達だった
女性のミュージシャンと話していました。

その時に酔った外国の方が近づいてきて
女性ミュージシャンのお尻を触りました。
僕は、あえてその時は何もしませんでした。

その理由としては、
ストリートではいろいろなトラブルが起きます。
女性ミュージシャンもそこで対応できなければ、
また同じことがあったときに
自分で自分の身を守ることができなくなるからです。

大きなトラブルになりそうであれば
すぐ警察を呼ぼうと思っていました。

結構長く付きまとわれたので、
その女性と駅まで一緒に
帰ることにしました。

その時、その外国の方はずっとついてきて
とても危ない状況だと感じました。
改札口の手前でその外国の方いなくなったので
よかったのですが、
途中で喧嘩になるんじゃないかと言う
雰囲気が漂っていました。

こういうトラブルがあった時、あなたはどうしますか?

多くの人が助けようと思って、
その外国の方を止めようとしたりする
かもしれません。

その時、もし相手から暴力を振るわれて
喧嘩になった場合、
先の事まで考えなければいけません。


あなたがその外国の方と喧嘩することで
その女性のミュージシャンはそこで
ストリートライブができなくなったり、
警察に連れていかれて何時間も
拘留させられたりする可能性があります。


関わってしまったことで事が
大きくなるわけです。
その前に止めることができれば、
トラブルを最小限に抑えられます。

 

かなり危ない雰囲気だったらこの場合、
すぐ警察に連絡した方が良いでしょう。

僕はドロボーにされました

昔、沖縄にいたとき
道で酔って寝ている人を
助けようとしたことがありました。

水を買って持っていき、
「大丈夫ですか?」

と声をかけたところ
「俺の財布がない‼︎盗んだだだろう」
と言われかなり大事になってしまいました。

僕は助けようとしただけなのに
泥棒だと思われたわけです。

それからと言うもの
人に親切にするのであれば
先のことを考え、
専門家に任せるのが1番だと考えました。

もちろん緊急事態もあったりします。
その場合は状況に応じて
使い分けたほうが良いでしょう。

道で人が倒れていたら救急車が
警察を呼ぶことをお勧めします。

もし、トラブルが人間関係で不倫や、
お金の貸し借りだとしたら
弁護士に相談することをお勧めします。

個人同士のやりとりがことを大きくすることを
知ることがとても大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事

sirosaki777.jimdo.com Blog Feed

5/25 変人集合オフ会
>> 続きを読む

5/16 催眠術体験・催眠術練習会
>> 続きを読む

5/19・20 一日催眠術習得セミナー(実践付き)
>> 続きを読む

登録ありがとうございます。
>> 続きを読む

クイックヒプノシス
>> 続きを読む