自虐的に生きてきた俺が学んだこと

昔、あることをきっかけに
自分を壊したくなった。

 

自分という存在が
惨めで無力で何の価値もない
人間だと感じることがあった。

 

そこから俺は
自分を壊すために
いろいろな遊びに走った。

ギャンブル、女遊び
酒に溺れた。

 

周りの人からは
「歩く性病」と言う
ネーミングもついた。

 

荒れ狂った生活が約11年続いた。
ある女性の死が俺を変えた。

俺はまた何もできなかった。

 

そこからはその女性が
天国で見ていると考え
人の役に立つ事をしようと考えた。

 

もし、天国でその女性が見ていたら
腐ってる自分を見せるのは
とても見苦しい。

 

徐々に勉強し始め、
カウンセリングの勉強や
実践心理の勉強をした。

 

なんだかんだで
道端で知らない人から声を
かけられるくらいまで
名前を知られることになった。

 

日々いい事を伝えよう、
人の役に立つものを見せよう。


という気持ちが、
周りの人に伝わっているのだと思う。

 

今、自分が嫌いな人、
昔の俺のように死にたい、
苦しい、自分を壊したい人に
伝えたい。

 

今は自分が嫌いかもしれないが、
いつか自分のタイミングで
自分を好きになれる日が来る。

 

今かもしれないし、
数年後かもしれない。

腐った自分を人に見せることで
周りの人も腐った人しか
集まらなくなってくる。

 

良いことをすれば
良い人が寄ってくる。

 

 

周りの人は自分の鏡。

周りの人が信用できない人ばかり

集まってるなら、
あなた自身が信用できない人に
見られてるかもしれない。

 

周りの人を信用すると
信じられる人が集まってくる。

 

自分の殻にこもって、
自分が悪いことを棚に上げ
こいつが悪い、あいつが悪いと
言っている自分に
まずは気づくことが大事なんじゃないか?

 

あなたに1つ言いたい。

「今あなたは幸せ?」

と聞いたら即答で
「幸せ」
と言えるだろうか?

俺は「幸せ」と言える。

 

昔は、一人一人信じられない
と思っていたが
今は自分が信じようと努力した
結果、信じられる
人が集まってきたからだ。

 

今、不幸だと感じてる人
あなたは今、
目の前の人を信じていますか?

 

催眠術の教室 ヒプノハート
https://sirosaki777.jimdo.com