睡眠術のかけかた

 

睡眠術って何?睡眠薬のかかけかたってあるの?っ

て思われるかもしれませんが実際のところ催眠術です。

 

多くの方が「睡眠術」と「催眠術」ちょっとした文字を間違っています。

 

あなたも想像しているのは一瞬で寝るあの催眠術の方でしょう。ここからは睡眠薬と間違われている方も多いので睡眠術と統一して見出しを書いていこうかなと思います。

 

実際にあの睡眠術と間違われている催眠術はあるのでしょうか?

 

 

睡眠術はあるのか?

ちなみにあの一瞬で寝る催眠術はあります。実際にほんとに寝ているわけではありませんが、催眠術を使い催眠状態にして脱力するとまるで寝たような状態になります。

 

 

 

睡眠術の原理は?

なぜあのようなことが起きるのでしょうか?あの眠っているような状態は脳波が著しく変わっています。

 

5種類に分けた脳波の紹介

■γ(ガンマ)波

30ヘルツ以上

強い不安を感じたり、興奮している時に現れます。

■β( ベータ)波

30~14ヘルツ

意識が緊張した時や多少のストレスがある時にみられます。

■α( アルファ)波

周波数13~8ヘルツの規則正しい左右対称の波形

心身ともに落ち着いた状態、目を閉じて安静にしている時にみられます。

■θ( シータ)波

7~4ヘルツの穏やかな波形

深いリラックス状態、浅い睡眠状態のときに現れます。

■δ(デルタ)波

3.5ヘルツ以下熟睡している時、昏睡状態の時にみられます。

出典元 http://www.fun.ac.jp/~maq/project_learning/mc2011/image/img001.gif

 

催眠術寝ているように見える時はα波になっています。この状態になると他人の暗示が入りやすくなり体が自動的に動くようになってきます。

 

 

 

睡眠術のかけかた

ちなみに催眠術には7つの段階でかけるとかけやすくなります。

 

1 ラポール

2 興味・安心・欲求

3 深化法

4 運動支配

5 感覚・感情支配

6 記憶支配

7 完全覚醒

 

この順番で誘導することにより催眠術にかかりやすくなります。

 

 

誰でも睡眠術はかかるの?

誰でも睡眠術はかかるの?

 

催眠術わかりやすい人、かかりにくい人が出てきます。最初にかかりにくかったとしても徐々に催眠状態に入っていく訓練をすることで催眠術にかかることができたりします。

 

まとめ

催眠術を学ぼうと思えば本やDVDではなかなか習得しにくいのが現状です。その理由に、言葉の間の使い方や身振り手振り、相手への観察力が必要になってくるからです。

 

あなたも催眠術を覚えて一瞬で寝かせたり、嫌いな食べ物を食べさせたり、芸能人を見せたりといった不思議な魔法のような催眠術を学んでみませんか?

 

 

 

 

催眠術を覚えたい方はこちらをクリック